OYATSU

北陸, 独り占め
独り占め

富山
“多くの山の尾根が集う地”、という地名の由来をもつ富山市八尾町。
「おわら風の盆」の舞台になる中心部は、山の傾斜につくられた坂の町で、黒瓦の町家が軒を連ねる、風情ある街並みです。
この一角に佇む、土蔵造りのお屋敷が、2016年にコミュニティースペース&一棟貸し切り宿として生まれ変わりました。
観光地ではない、普段の八尾を楽しむベースとしてはもちろん、「金沢」や「飛騨高山」といった人気観光地にも好アクセスなので、北陸旅行の拠点としてもおすすめです。
交通: JR高山線「越中八尾」駅 バス約10分
「富山きときと空港」 約10.6km(車約20分)
住所: 富山県富山市八尾町上新町2701-1(MAP)
宿泊料: 22,222円+布団料金2,778円/1人(税抜き)
宿泊可能人数: 8名
  • 基本情報・ご予約
  • 周辺ガイド
  • 訪問ログ
  • 広域ガイド
「おわら風の盆」で有名な富山市八尾町。
毎年9月の「風の盆」開催期間には約25万人が訪れる、一大観光地でありながら、それ以外のシーズンは、意外と、いや、かなり静かなエリアなんです。

ハレの日だけではない、普段の八尾を楽しむための拠点が、今回ご紹介する「越中八尾ベース OYATSU」。

建物は明治5年建造。元々は生糸や越中和紙の問屋であり、養蚕も営んでいた商人の住居だったとか。八尾の自体、かつて養蚕と売薬・和紙産業で栄えた商人の町で、その経済力から「富山藩の御納戸」と呼ばれていたそうです。

宿は堅牢な建物をそのまま生かしてリノベーション。立派な梁や繊細な建具など、当時の栄華を随所に感じます。シャワールームや水回りなどは最新設備で快適に。

蔵の中はレンタルスペースとして貸し出しもされていますが、宿泊がある日は一棟貸し切りとなります。
「本丸」と呼ばれる和室からは日本庭園が愛でられ、2階の「二の丸」からは、「おわら風の盆」の町流しも通る、「なりひら通り」が見下ろせます。

蔵の隣にはカフェ&BARが併設されていて、ここがOYATSUの肝というか、地域との結節点になっています。
女将の原井さんや、スタッフの杉山さん、近所のおじちゃんたちに八尾のあれこれを教えてもらうと、八尾でのTO DOリストがすぐに出来上がってしまうほど。

また、体験メニューも充実。着物での町歩きや、三味線体験など、宿泊と合わせて予約すると、より密度高く、八尾の町人文化を体験できると思います。(八尾ではご近所さんがさらっと三味線ひけたりするんです。)

朝食は+1,000円(1人につき)でつけられますが、夕食の用意はありません。外に食べにいくこともできますが、大人数での宿泊であれば、地元飲食店によるケータリングもおすすめです(※事前予約制)。ジビエや山菜など、山の恵みをふんだんに使用した、目にも美しい品々がいただけます。

近所のお豆腐屋さんで豆乳買って、裏山に登って飲んだり、近所のおじいちゃんとコーヒーをご一緒したり。ゆっくりと、静かに、日が暮れていく八尾の日常。

OYATSUで泊まるからこそ、見えてくる景色をお楽しみ下さい。

宿泊料金と概要

宿泊料金 22,222円+布団料金2,778円/人

※朝食は+926円/人です。夕食のご用意はありません
※ご予約時に「HOWSTAYを見た」とお伝えいただくと、朝食が人数分無料になります
 (ホームページ予約フォーム、電話、メール、いずれの場合も可能)
※連泊の場合、施設使用料金から2泊目10%、3泊目以降は20%割引
※特定日(GW期間中、8/20~9/3、年末年始)は料金が変動します。詳細はお問い合わせください
※全て税抜き金額です

住所 富山県富山市八尾町上新町2701-1
面積 30平米
アクセス JR高山線「越中八尾」駅 バス約10分 徒歩1分
「富山きときと空港」 約10.6km(車約20分)
チェックイン 15:00~
チェックイン方法 現地にて受け付け
チェックアウト ~10:00
最大収容人数 8名
支払方法 現地にて現金決済

設備・備品など

エアコン × キッチン シャワー × バスタブ
× 浴衣・パジャマ バスタオル × フェイスタオル シャンプー、ボディソープ
ドライヤー 歯ブラシ × カミソリ 無線LAN
× 調理器具 食器、カトラリー 電気ポット・ケトル 冷蔵庫
電子レンジ × コーヒーメーカー × 炊飯器 × 洗濯機
× テレビ オーディオ 布団 × ベッド

その他ご利用いただけるもの

炊飯器(ご希望の場合に貸出)

注意事項

・建物内は禁煙です。外の喫煙スペースをご利用下さい
・室内またはテラスや庭での火気(カセットコンロ、キャンドル、バーベキュー、花火等)使用は禁止
・ペット同伴の宿泊不可

アクセス

JR高山線「越中八尾」駅からバス約10分「曳山展示館前」バス停下車 徒歩1分
「富山きときと空港」約10.6km/車(タクシー)約20分

予約

OYATSUのホームページからご予約ください。
越中八尾ベースOYATSU
※ご予約時に「HOWSTAYを見た」とお伝えいただくと、朝食が人数分無料になります
 (ホームページ予約フォーム、電話、メール、いずれの場合も可能)

桂樹舎

桂樹舎
桂樹舎

桂樹舎

型染め・手漉き和紙で知られる「桂樹舎」。表敬訪問するクリエイターも多し。
500円で入場できる「和紙文庫」ではエジプト文明の産物・パピルスから、日本の和紙、和紙を使った茶碗や衣服などの民芸品まで展示されています。丹念なその蒐集に、並々ならぬ紙への情熱を感じます。

喫茶パピルス

館内の「喫茶パピルス」で、井田川を眺めながらホットミルクをいただきました。帰りにショップで和紙のブックカバーも購入。

桂樹舎
富山県富山市八尾町鏡町668-4 
電話:076-455-1184

長江屋豆腐店

長江屋豆腐店
長江屋豆腐店

長江屋豆腐店

諏訪町通りにあるお豆腐屋さん。すべて富山県産大豆100%だそうです。淡雪豆腐や豆腐の味噌漬もおいしそうでしたが、今回は甘酒豆腐と豆乳を。「すぐ飲む?」と、ストローをさしていただきました。豆乳TO GO、ポートランドっぽくてかっこいい。すんごい濃厚で美味しかったです。

長江屋豆腐店
富山県富山市八尾町諏訪町2617-1(諏訪神社前)
電話:0764-54-7372
営業時間:11:00~17:30/休業:火曜(祝日の場合は営業、水曜代休)

おわら玉天本舗

おわら玉天本舗

おわら玉天本舗

八尾銘菓といえばこれ。卵白を泡立てたメレンゲのような生地に、黄味を塗って焼き上げたお菓子。フワフワの雪みたいに溶けて、大好物です。一個からも買えるので、宿でのお茶菓子にどうぞ。

おわら玉天本舗(八尾の菓子職人)
富山県富山市八尾町東町2227
電話:076-454-3073

玉旭酒造

玉旭酒造
玉旭酒造

玉旭酒造

江戸時代から続く八尾の老舗酒造。すぐ近くにもうひとつ「福鶴酒造」というのもあるそうで、昔から水の豊かなところなんだなぁ。
季節限定の生酒なども惹かれますが、まずは気軽なカップ酒を。さっきのお豆腐屋さんの味噌漬豆腐などと一献いきたいところ。

玉旭酒造
富山県富山市八尾町東町2111
電話:076-455-1331
営業時間:8:00~20:00/休業:なし

村井商店

村井商店
村井商店

村井商店

戦後70年以上続くという駄菓子屋さん、通称“こどもや”。大好物だったプリンシェイクとか、「え、これまだ売ってるの」という感動アイテムがザクザク。迷いに迷った結果、なぜかチョコ棒とカルメラ焼きみたいなものを。計70円也。

着物・浴衣で周辺散策

着物・浴衣で周辺散策

OYATSUでは、200着以上ある着物の中から好きなものを選んで、豆知識を交えながらの着付け体験ができます。着付け後はガイド付きの街中を散策を楽しんで。(写真提供:OYATSU)

所要時間:約1時間半(散策ガイド込)
催行人数:2名~8名
料金:3,000円/人
OYATSU体験プログラム

2017年3月3日

八尾の街並み

ゆるやかに坂がのびる八尾の街並み。

八尾 なりひら通り

OYATSUがある「なりひら通り」。「おわら風の盆」の町流しも通ります。

OYATSU

OYATSUに到着。

OYATSU

まずは併設のカフェで一服。スタッフの杉山さん、最近すっかりコーヒー豆の魅力にハマっているそう。桜餅はお隣の和菓子屋さんから。

OYATSU

カフェには入れ替わり立ち代わり、ご近所さんがやってきます。一服したり世間話したり。
「これお昼に食べなさい」と鱒の寿し持ってきてくれるおじいちゃんも。
この“お正月の親戚んち”感、すごい癒されます。

若宮八幡神社

女将の原井さんにおすすめマップをもらって、ご近所探索。
八尾は養蚕で栄えた町でもあるので、蚕を祀った神社「若宮八幡神社」にまず参拝。

若宮八幡神社

手水舎の水受けが繭の形!そして蛇口部分がなんとお蚕さん。大切にされているんですね。

城ヶ崎公園

若宮八幡宮の脇道から山に向かってのぼっていくと、「城ヶ崎公園」という、高台に辿り着きます。

城ヶ崎公園
城ヶ崎公園
八尾の中心部を一望。黒瓦の家並が足下に広がります。さきほど購入したおやつをここでパクパク、静かで、風も気持ちいいです。桜の時期はお花見の名所にもなるそうですよ。

八尾 諏訪町通り

城ヶ崎公園から長い階段を下っていくと「諏訪町通り」。石畳に町家が連なる、代表的な八尾の風景。

八尾

ちなみに、この階段がまた風情がありまして、春に桜がほころびだすと、こんな感じだそうです。(写真提供:OYATSU)

伊田川

日も暮れて来ました。近くには「井田川」がさらさらと流れていて、朝のウォーキングなどにも良さそうです。

混んでいない普段の八尾、すごく気に入りました。桜が咲いたらまた来たいな。

準備中です。