moons cafe

1_ロケーション, 中国, 独り占め
独り占め

尾道
海辺や坂の風景が楽しめる街、尾道。
魚介など地の食材もおいしく、新しいカルチャーが入る風通しの良さがあり、人もいい。そして、しまなみ街道の入り口としても知られています。
そんな尾道の外れに、本当にこっそりとひそんでいる小さな一軒家。
1階はリノベーションされていて、LDKの前には小さいながらも庭があり、空も広いのが意外なプラス。
隠れ家気分を楽しみながら、何日か過ごしてみたくなる建物です。
交通: JR山陽本線「尾道」駅 徒歩19分
住所: 広島県尾道市長江1-26-17(MAP)
宿泊料: 4名まで:18,519円、5人目以降2,778円/人増額 (全て税抜き)
宿泊可能人数: 8名
  • 基本情報・ご予約
  • 周辺ガイド
  • 訪問ログ
  • 広域ガイド
坂道や路地のつくる味わい深い風景が楽しめる、尾道。
街の賑わいから少し外れた坂のふもと、細い細い路地の奥にこっそりと隠された小さな建物が、このmoons cafeです。

日本家屋の趣を残しながら、1階は水回りも含めてリノベーションされ、気の効いた空間に生まれ変わっているのが印象的。そして縁側の先には、タイルが敷き詰められたシャープな印象の小さな庭が広がっていて、こんなに奥まっているのに開放感があるのが驚きです。

尾道は、小さいながらも見所がギュッと凝縮されている街。
のんびり歩いて坂道や海辺の風景を楽しんだり、魚介など地元の食材を味わったり。しまなみ街道まで足を延ばしてみるのもいいかもしれません。

昔から港町として、外の文化を受け入れてきたからか、この街で新しく拠点を開く若い世代も数多く、変化していく街の気配に出会ったり、掘り出す楽しみも。

宿を運営している島田さんは、若い世代にも顔が広いので、お薦めを聞いてみるといいでしょう。そして地元の人しか行かないような店の情報も、島田さんから。

きっとこの街は一日では味わい尽くせないと思うので、何泊かしてみるのも良さそうです。秘密基地のようなワクワク感を味わえるこの「家」は、のんびりくつろいで過ごせる隠れ家でもあります。

尾道を上から一望にできる宿「坂の風」もお薦めです。
坂の風

宿泊料金と概要

宿泊料金 4名まで:18,519円、5人目以降2,778円/人増額

※2泊目以降は1泊あたり3,704円の割引
※2歳以上の子どもは大人1名扱い。1歳以下は無料(大人1名につき1名まで)で寝具なし
※全て税抜き金額です

住所 広島県尾道市長江1-26-17
面積 約56平米
アクセス JR山陽本線「尾道」駅 徒歩19分
駐車場 あり(1台)
チェックイン 16:00~
チェックイン方法 現地にて鍵の受け渡しと説明(事前に時間の調整が必要)
チェックアウト ~12:00
最大収容人数 8名
支払方法 事前振込

設備・備品など

エアコン キッチン シャワー バスタブ
× 浴衣・パジャマ × バスタオル フェイスタオル シャンプー、ボディソープ
ドライヤー × 歯ブラシ × カミソリ × 無線LAN
調理器具 食器、カトラリー 電気ポット・ケトル 冷蔵庫
× 電子レンジ × コーヒーメーカー 炊飯器 洗濯機
テレビ × オーディオ 布団 × ベッド

その他ご利用いただけるもの

IHコンロ、ソファ、座卓

注意事項

・素泊まりの宿です。食事の提供はありません。
・パジャマ、浴衣などの寝間着はありませんので、お持ちください。
・駐車場は徒歩約2分の場所にあります。
・ペットとの宿泊はご遠慮いただいております。
・住宅街につき、深夜早朝の音楽や騒ぎ声など近隣の方々へのご配慮をお願いします。
・全室禁煙です。(テラスのみ喫煙可。)
・宿泊者以外の滞在(食事会、宴会等)は禁止。
・室内またはテラスや庭での火器(カセットコンロ、キャンドル、バーベキュー、花火等)は禁止。

アクセス

県道363号沿い西側にある「たかみつ」という駐車場が目印です。駐車場に向かって右側の建物をくぐるように細い路地に入り、階段を登ると正面に「moons cafe」と書いた家が見えます。

電車の場合
JR山陽本線「尾道」駅 徒歩19分
「尾道」駅からバス約5分 「長江一丁目」バス停 徒歩1分(バスは30分に1本程度)
おのみちバス

車の場合
専用駐車場が宿から徒歩約2分の所にあります。
県道363号沿いの「高橋住宅設備」(TOTOの青い看板が目印)の向い、月極駐車場「歌谷ガレージ」No.27区画。
駐車場の位置(google maps)

予約

「moons cafe」のホームページからご予約ください。
尾道 貸し別荘 moons cafe

尾道を一望

尾道を一望

この眺め! 尾道から瀬戸内の島々まで一望にできる圧巻のパノラマビュー!
ここにたどり着くための大冒険ルートを、まずは紹介します。

浄土寺

まずは浄土寺へ

いきなりこの階段! まさに尾道という感じですが。まずはこの浄土寺を目指してください。
駅前の道を東へまっすぐ。歩くと25分ぐらいですが、バスがたくさん走っていて、5分ぐらいです。

浄土寺
広島県尾道市東久保町20-28(MAP)

浄土寺

浄土寺
浄土寺の鎖場
お寺もなかなか立派で素敵なのですが、目指す場所はお寺の奥にあります。
山門を入ったら、右手の奥の方に進んでください。
すると右下の写真の場所にたどり着きます。

小屋みたいなのの隣にある岩。
ここに1本の太い鎖が下がっているのですが、これを登っていくのです。

浄土寺の鎖場 壱の鎖

浄土寺の鎖場

というわけで、さっそく登ってみると……。いきなりこんな感じ。けっこうスリルあります。
これは、修行のためのものらしく、「鎖場」と呼ばれているそうです。
鎖場は、「壱の鎖」から「参の鎖」まで3つあるのですが、壱の鎖でいきなりこんな感じ。
ヤバイ、動きやすい服で来れば良かった……。

浄土寺の鎖場 弐の鎖

そして、これが弐の鎖。
なかなかの険しさですが、これもなんとかクリア……。

浄土寺の鎖場 参の鎖

弐の鎖を登ると、次の岩場がありません……。
なんとなく、それっぽいかなと思う“けもの道”みたいなところをしばらく登っていくと、ありました。参の鎖。

もう上見えないし……。
しかも、登り始めは岩が切り立ちすぎてて、鎖と岩の間に距離があって足が岩につきません……。

浄土寺の鎖場 参の鎖

上から見るとこんな感じ。
結局、参の鎖は登れなくて断念……。岩の横から上まで登りました。
今度は動きやすい服でもう一度チャレンジしたい。
しかし、ここからの眺めはもう最高のひとことです。皆さん、ぜひ。

ちなみに、普通に道もあるし、階段とかでも登って来られますが……。
でも断然、鎖をお薦めします。

お好み焼き KAZU

お好み焼き KAZU
お好み焼き KAZU

お好み焼き KAZU

思いがけない冒険で、お腹が減ったのでお昼に。
さっきの鎖場も宿の島田さんに教えてもらったのですが、ここも島田さんのお薦め&行きつけの店。
お客さんは地元民100%。飾らない感じ、というか人んちで食べてるみたいな感じ。
味は折り紙つき。おいしかったです。

KAZU
広島県尾道市久保3-3-15(MAP)
電話:0848-37-4226

class coffee&cafe

class coffee&cafe

もう一つ教えてもらったのが、オープンしたばかりという宿のすぐそばにあるカフェ。
ワッフルなどのスイーツや、簡単な食事もあります。

class coffee&cafe

class coffee&cafe
class coffee&cafe
で、この店の場所がめちゃくちゃ分かりづらい。近いのに。
まずは、県道363号に出てこんな看板を探します。
そこから路地に入って、突き当たったら左へ。めちゃくちゃ細い階段の途中に、家かと思ったら店!
尾道でもトップクラスの見つけにくさじゃないでしょうか?

class coffee&cafe
広島県尾道市長江1-23-31(MAP)
電話:0848-38-1389
営業時間:11:00~19:00(L.O. 18:30、火曜はL.O. 17:00)/休業:水曜

レンタサイクル

レンタサイクル

尾道はしまなみ街道の入り口ということもあって、いい感じの自転車がレンタサイクルで借りられます。
レンタサイクルでしまなみ街道に向かう人も多いみたいです。
街も小さいので、自転車で回るのがお薦めかもしれません。

しまなみ海道レンタサイクル

周辺の情報などは、「坂の風」という宿のページにも色々書いてますのでこちらも。
坂の風

2015年11月15日

moons cafeの入り口

地図を見ながら宿のあたりに到着。
んー……。この辺だと思うんだけど。

実は、この「たかみつ」って書いた看板の向こう。
極細の路地を入っていくのがmoons cafeへの入り口。

moons cafeの入り口

moons cafeの入り口
moons cafeの入り口
っていうか、完全に人の家の下を通る感じ。
これはすごい。ワクワク感がハンパない。
この通路を抜けると、同じく細い階段があって、のぼった正面がmoons cafeです。

moons cafe島田さんのお薦め

moons cafe島田さんのお薦め
moons cafe島田さんのお薦め
moons cafeの島田さんに、いろいろ店を教えてもらって、夕食の店を探索。
どの店も、かなり気になりますが、今回は「ベッチャーの胃ぶくろ」という店に。
魚がおいしくてお薦めです。

崎本精肉店メニュー

ちなみに、宿にはこんなメニューが置いてあります。
ここのコロッケもおいしくてお薦めなんだとか。今回は残念ながら定休日だったので試せず……。
味が濃いめなので、何も付けずに食べるのがいいそうです。

夜明けの尾道水道

翌日は仕事が入っていたので、夜明けとともに出発。
尾道は楽しすぎて、一日ではとても時間が足りません。
今度は何泊かしようと思います。

準備中です。