LOOF 澤之家

独り占め, 甲信越
独り占め

山梨
甲府から河口湖方面へと上る山あいにある小さな集落、芦川町。ここに残されていた築100年ほどの古民家をリノベーションした、一棟貸し切りの宿です。
豊かな自然に囲まれた素朴な集落。そこにある古民家の宿を切り盛りするのは、若い女性。彼女の感性でよみがえった建物は、古い味わいを生かしながらも、シックな色合いで統一され、懐かしさと現代的な表情を併せ持つ空間に生まれ変わりました。
東京から車で1時間半ほど。この手軽な距離感もまた、大きな魅力の一つです。
交通: 中央自動車道「一宮御坂」I.C.より約17km(車約30分)
富士急行河口湖線「河口湖」駅 バス33分 徒歩37分(バス停まで送迎あり・車約5分)
住所: 山梨県笛吹市芦川町中芦川559-1(MAP)
宿泊料: 6,500円(税抜)/人、別途施設使用料20,000円(税抜)
宿泊可能人数: 10名
  • 基本情報・ご予約
  • 周辺ガイド
  • 訪問ログ
  • 広域ガイド
山々に囲まれた、渓流沿いの小さな集落。
その懐かしい農村の風景の中に残された、築100年ほどの古民家を再生して一棟貸し切りの宿へと変えたのは、まだ20代半ばの若い女性でした。

そんな意外な組み合わせに驚いてしまいますが、リノベーションによってよみがえった建物は、若い女性の感性が生かされ、心地よい空間へと生まれ変わっています。

外からは金属の屋根に見えますが、中に茅葺き屋根が残された建物。
室内からは茅葺きが見え、それを守るのに欠かせない囲炉裏は、現代的なテーブルのスタイルにリメイクされています。

そして一棟貸し切りとしてはめずらしく、食事も提供されるこの宿では、この囲炉裏を使った夕食か、庭でのBBQかを選ぶことができ、どちらも地元の食材をふんだんに使ったメニューになっています。

飲み物のメニューも充実。特に山梨だけあってワインの品揃えが豊富で、庭にある洞窟のような室を利用したワインセラーには、国内外合わせて100種類のワインが用意されています。

室内は、大きな土間と、吹き抜けの開放的な空間が特徴。
元は和室だったという床は、板張りにリノベーションされていますが、古民家らしい懐かしさと現代的な感覚が融合した落ち着いたデザインになっています。

吹き抜けを挟んで両側には、ロフト的な2階部分がそれぞれあって、寝室のようなスペースと、こもれる感じのスペースになっています。

そして、庭に面した広い縁側からは、庭越しに山の緑をのんびりと眺められます。

標高1,000mほどの位置にあるこの宿は、夏でも涼しくクーラー要らず。
冬は囲炉裏や薪ストーブの火にあたって、ゆっくり語り合ったりするのも素敵です。

忙しい日常を忘れて、“何もない”を楽しみに。

それだけでは物足りないという方には、プロガイドによるトレッキング・ツアーや、石の判子教室といったプログラムも予約できます。トレッキングは6,800円(保険・税込)、判子教室は3,000円/人(税込)です。

宿泊料金と概要

宿泊料金 6,500円/人 + 施設使用料20,000円/棟(夕食付き)

※食事提供なしの場合1,000円/人の割引き
※6歳以上15歳以下(中学生まで)3,000円/人(食事布団付き)
※5歳以下(小学生未満)食事布団無し:無料、食事+1,500円、布団+1,500円
※休前日は2,000円/人の増額
※8月は3,000円/人の増額(休前日は5,000円/人の増額)
※GW期間、8、9月の連休期間、年末年始は5,000円/人の増額
※2泊目以降、施設使用料20%引き、食事提供なしの場合1,000円/人の割引き
※料金を事前振り込みの場合500円割引き
※SNSで滞在中の様子を発信・アンケートの記入をすると朝食の材料をプレゼント
※クレジットカード払いの場合は事前500円、当日3.24%の手数料がかかります
※全て税抜き金額です

住所 山梨県笛吹市芦川町中芦川559-1
面積 約100平米
アクセス 中央自動車道「一宮御坂」I.C.より約17km(車約30分)
中央自動車道「甲府南」I.C.より約17.5km(車約24分)
富士急行河口湖線「河口湖」駅 バス33分 徒歩37分(バス停まで送迎あり・車約5分)
中央線「石和温泉」駅 バス60分 徒歩2分(1日3便)
駐車場 あり(4台分)
チェックイン 16:00~
チェックイン方法 現地にて鍵の受け渡しと説明(事前に時間の調整が必要)
チェックアウト ~11:00
最大収容人数 10名
支払方法 事前支払い(振込・クレジットカード)/チェックイン時に支払い(現金・クレジットカード)

設備・備品など

× エアコン キッチン シャワー バスタブ
× 浴衣・パジャマ バスタオル フェイスタオル シャンプー、ボディソープ
ドライヤー 歯ブラシ カミソリ 無線LAN
調理器具 食器、カトラリー × 電気ポット・ケトル 冷蔵庫
電子レンジ コーヒーメーカー 炊飯器 × 洗濯機
× テレビ オーディオ 布団 × ベッド

その他ご利用いただけるもの

土鍋、コーヒーミル、コーヒーポット、ケトル、コーヒー豆(豆・粉)、コーヒーミルク、砂糖、紅茶、緑茶
調味料各種(塩、味噌、醤油、胡椒、砂糖、酢、油、だし、みりん、酒、季節のハーブ)
アルミホイル、ラップ、ジップロック、おしぼり
くし・ブラシ、洗顔、化粧落とし、コットン、綿棒
アラジンストーブ、薪ストーブ、囲炉裏、BBQセット、プロジェクター、iPad

注意事項

・1泊目の夕食が料金に含まれます。それ以外の食事の提供はありません。
・自炊の場合、囲炉裏・BBQは使用できせん。
・パジャマ、浴衣などの寝間着はありませんので、お持ちください。
・連泊中の清掃は、タオル交換とゴミ回収のみ。シーツ交換はありません。

アクセス

車の場合
東京方面:「八王子」I.C.から、中央自動車道「一宮御坂」I.C.経由で約90分
長野方面:「松本」I.C.から、中央自動車道「甲府南」I.C.経由で約115分
静岡方面:「静岡」I.C.から、東名高速車道「富士」I.C.経由で約137分
※天候によって積雪や路面凍結の可能性があるため、冬用タイヤやタイヤチェーンが必要になる場合があります。

電車の場合
中央線「石和温泉」駅より、「鶯宿」行きの富士急行バスで60分、中芦川の「芦川支所前」で下車。
路線バス情報(富士急山梨バス株式会社)
※現地付近は“自由乗降区間”です。移動時間は短く便利ですが、バスは1日3便のみです。
富士急行河口湖線「河口湖」駅より、「芦川農産物直売所」行きの富士急行バスで33分、終点まで。
富士山駅~河口湖駅~大石プチペンション村~芦川農産物直売所(富士急行バス)
そこから宿までは36号線沿いに下り坂で徒歩37分ですが、バス停までの送迎があり車で約5分です。
景色を楽しみながらゆっくり旅をしたい方にお薦めです。
東京方面からは、新宿駅から河口湖駅まで高速バスが出ていて、料金が安く本数も多くて便利です。

予約

LOOFのホームページからご予約ください。
古民家一棟貸し宿 LOOF -ルーフ-

LOOFのある集落

山里の小さな集落

こんな山あいの小さな集落の中に、LOOFはあります。人影もまばらで、ひっそりと時が止まったような風景の中で、忙しい日常とはしばしお別れです。

ちょっと高いところから

“何もない”時間を楽しむ

斜面に沿って広がる集落の、上の方からの眺め。
“何もない”を楽しむ。それもまたぜいたくな時間です。

集落の中心部分

几帳面な石積み

集落の中心部。斜面にひしめくように建物が肩を寄せ合っていて、少しだけ人の気配が漏れてきています。そして地味ながらも、石垣がこの地区の名物。どれも驚くほど几帳面に積み上げられているのです。よく見ると段々畑にもキッチリ石垣が積まれていて、豊かだった時代をしのばせます。あるいは、おそろしく几帳面な職人がいたのでしょうか……。

田舎体験 おてんぐさん

地元の技を体験してみる

LOOFから歩いて15分ほどのところにある、田舎体験施設。ほうとう作りや、そば打ち、原木椎茸の植菌や、釣り堀で遊んだりもできます。食事処も併設。この場所「天狗山」にちなんだ名前は、自分でつくったものに「鼻高々になってほしい」との思いも込められているのだとか。

田舎体験 おてんぐさん
山梨県笛吹市芦川町新井原1955
電話:055-298-2833
営業時間:10:00~15:00
休業:火曜日(祝日の場合は営業)

芦川農産物直売所「おごっそう家」

芦川農産物直売所「おごっそう家」
芦川農産物直売所「おごっそう家」

地域の食材が勢ぞろい

地元の食材を、食べて、買って、楽しめる直売所。大勢のお客さんでにぎわっています。河口湖駅からのバスはここが終点。バスの人も車の人も、ここで食材を買ったり、腹ごしらえをしてから宿に向かうのも良さそうです。

芦川農産物直売所「おごっそう家」
山梨県笛吹市芦川町上芦川679-1
電話:055-298-2820
営業時間:(4~10月)9:30~17:00、(11~3月)10:00~16:00
休業:火曜日

新道峠から望む富士山(撮影:村松茂貴氏)

新道峠から望む富士山(撮影:村松茂貴氏)
新道峠から望む富士山(撮影:村松茂貴氏)
新道峠から望む富士山(撮影:村松茂貴氏)
新道峠から望む富士山(撮影:村松茂貴氏)

新道峠から望む富士山

四季折々に表情を変える富士山の姿を楽しむことができる絶景スポットとして有名なのが、LOOFと同じ芦川町にある新道峠。笛吹市の観光情報サイト「ふえふき観光ナビ」のご協力により、地元で桃と葡萄の農園を営む村松茂貴さんが撮影した絶景写真の数々をお借りすることができたので、ご紹介します。
新道峠についての詳しい情報などは、こちらのページから。
新道峠から望む富士山(ふえふき観光ナビ)
芦川町 古民家「藤原邸」
芦川町 古民家「藤原邸」
芦川町 古民家「藤原邸」
芦川町 古民家「藤原邸」

茅葺屋根の古民家「藤原邸」

この地方にかつてたくさんあったという茅葺屋根。土間や囲炉裏、水車小屋のある、そこでの暮らしの様子が再現された古民家が藤原邸です。こちらも詳しい情報などは、「ふえふき観光ナビ」のページから。
藤原邸(ふえふき観光ナビ)

2015年11月8日

河口湖駅

河口湖駅
河口湖駅
新宿から富士急の高速バスで2時間。河口湖駅に到着。しかし、あいにくの雨模様……。
のんびりした雰囲気の駅かと思ったら、駅の中には国籍もさまざまなたくさんの観光客。富士山を目指す人たちでしょうか?

路線バス

河口湖駅で芦川農産物直売所行きの路線バスに乗り換えて、宿を目指します。

芦川農産物直売所

芦川農産物直売所
芦川農産物直売所
芦川農産物直売所
芦川農産物直売所
芦川農産物直売所に到着。日曜日ということもあって、すごい数の人でにぎわっています。ここでは食事もできるし、野菜や加工品も品揃えが豊富。ちなみに、生芋のこんにゃくお薦めです。

芦川農産物直売所

芦川農産物直売所
芦川農産物直売所
さて、ここからブラブラ歩いて宿を目指します。川沿いに集落が点在する、里山の風景が続きます。ちなみに、芦川農産物直売所から宿までは車で送迎があります。

芦川農産物直売所

芦川農産物直売所
芦川農産物直売所
ちょうど中間ぐらいで「田舎体験 おてんぐさん」が見えてきました。ここにある食事処「沢妻亭」に寄ってお昼ごはん。ほうとうをいただきました。

路線バス

さて、またのんびり宿に向けて歩きます。

芦川農産物直売所

芦川農産物直売所
芦川農産物直売所
宿のある集落に到着です。軽く迷いましたが、宿まで到着。ちょうど良い散歩コースでした。ちなみに、帰りはおいしい(けどちょっと不思議な)湧き水に連れて行ってもらいました。

準備中です。