ル・ファーレ白浜

独り占め, 関東
独り占め

房総
房総半島の最南端。
大きな空の下で都会の喧騒を忘れ、身も心もリフレッシュして音楽に没頭したい。
そんなわがままをかなえてくれる、音楽スタジオ完備、一棟貸し切りのこの建物は、誰にも邪魔されず、とてもぜいたくな時間を過ごすことができそうです。
敷地内にある3棟は、全て建築家がデザインしたもの。共通するのは、大きな窓のある明るいリビングです。外からの視線を気にせずに、開放的な気分で過ごせるこの空間は、音楽をしない人にもお薦めです。
交通: 富津館山道路「富浦」I.C.より約36.5km(車約30分)
JR内房線線「館山」駅 バス31分 徒歩1分(駅まで送迎あり)
住所: 千葉県南房総市白浜町滝口5792-2(MAP)
宿泊料: 2名の場合:13,889円/人、3名:11,112円/人、4名:9,260円/人、5名以上:7,408円/人
休前日とハイシーズンの増額:2,778円/人、スタジオ利用:2,778円/人 (全て税抜き)
宿泊可能人数: 17名(イーストコテージ)、3棟合計で42名まで
  • 基本情報・ご予約
  • 周辺ガイド
  • 訪問ログ
  • 広域ガイド
海まですぐ。
広い空の下には菜の花の畑が広がり、間近に迫る山に緑がきらめく、とてものどかな田園風景。
そんな中に、ひときわ目を引く現代的な建物が3棟あります。

建築家のデザインによって建てられた、シャープな外観の3棟は、それぞれ個性豊かな空間ですが、共通している点が二つあります。

一つは、どの建物にも大きな窓から日がさんさんと降り注ぐ開放的なリビングがあり、この穏やかな田園風景が楽しめるといこと。

もう一つは、それぞれの建物に音楽スタジオが併設されていて、24時間誰にも邪魔されず、音楽に没頭することができるということです。

メインコテージ、サウスコテージ、イーストコテージという名前の3棟は、広さもスタジオとの関係も、建てられた時期も、それぞれに異なっています。

最初に建てられたのがメインコテージ。
一番高い位置にあって、キラキラと光る青い海まで見渡せる特等席。隣には川も流れていて、上から見下ろすような位置関係です。メインのリビングは上部にロフトもあり、遊び心のある造り。16名まで収容というサイズは、この中で二番目の大きさです。スタジオは10畳でコンソールルームが付いています。

次が2009年に建てられたサウスコテージ。
こちらも西側に川の流れを望む位置。客船をイメージしたという建物は、その川に向かうように建てられていて、船首にあたる部分がリビングとバルコニーになっています。リビングは3方向に大きな窓のある開放的でまぶしいほど明るい空間。露天風呂がついているのも特徴です。3棟の中では、一番小さなサイズですが、それでも2ベッドルームで8名まで可能。スタジオにはアップライトピアノが備えられていて、菜の花畑に面して大きな窓があるので、とても開放的です。

そして一番新しいのが、2015年にオープンしたイーストコテージ。
最大のサイズを誇るこちらは、3ベッドルームで17名までと、いくつかのバンドで集まって合宿ができそうな広さです。吹き抜けのリビングもゆったり大サイズで、スタジオとも窓越しにつながっているので、リビングにいるような気分で音楽を楽しむことができます。2階からは海も見えるロケーション。大きく見えるわけではないですが、海との近さが実感できて気分も上がります。

音楽スタジオが最大の特徴ですが、海まで歩けるこのロケーションと、冬でも都心より暖かいという穏やかな環境、そしてモダンで開放的、かつリラックスできる雰囲気の建物はとても居心地良く、音楽をしない方にもお薦めできます。スタジオでは音楽以外にもダンスやヨガなどをすることも可能。撮影に使われることもあるそうなので、いろいろな利用方法がイメージできそうです。

それぞれの建物には素敵なキッチンもあるので、海鮮など地元の食材を使って料理を楽しむことができます。すぐ近くにはいけすもあって、伊勢えびや、あわびを安く買ったりすることもできるそうです。また食事については、「里見和豚のBBQセット付プラン」や、料理人を呼んでの「地魚海鮮丼プラン」や、「南房総イタリアンプラン」といったオプションも提供されているので、予約時に相談してみると良さそうです。

宿泊料金と概要

宿泊料金 2名の場合:13,889円/人、3名:11,112円/人、4名:9,260円/人
5名以上:7,408円/人

※休前日とハイシーズンは2,778円/人の増額
※スタジオ利用は2,778円/人
※小学生は30%引き、未就学児は半額
※3名分からエクストラベッドを使用
※滞在中のルームクリーニングは別料金
※全て税抜き金額です

住所 千葉県南房総市白浜町滝口5792-2
面積 メインコテージ152.34平米、サウスコテージ114.14平米、イーストコテージ171.68平米
アクセス 富津館山道路「富浦」I.C.より約36.5km(車約30分)
JR内房線線「館山」駅 バス31分 「長尾橋」バス停 徒歩1分(駅まで送迎あり)
駐車場 あり(15台分)
チェックイン 14:00~
チェックイン方法 現地にて受け付け
チェックアウト ~10:00
最大収容人数 17名(イーストコテージ)、3棟合計で42名まで
支払方法 事前振込

設備・備品など

エアコン キッチン シャワー バスタブ
× 浴衣・パジャマ バスタオル フェイスタオル シャンプー、ボディソープ
ドライヤー 歯ブラシ × カミソリ 無線LAN
調理器具 食器、カトラリー 電気ポット・ケトル 冷蔵庫
電子レンジ コーヒーメーカー 炊飯器 洗濯機
テレビ × オーディオ 布団 ベッド

その他ご利用いただけるもの

DVDプレイヤー、ソファ、テーブルセット、トースター、デッキ用テーブル&ベンチセット、BBQセット(要予約)
(メインコテージ:ガスオーブン、食洗機、ミキサー)

スタジオ機材
メイン:
ドラムセット(YAMAHA Rock’nRoad)、キーボード(YAMAHA P85)、ベースアンプ(Hartke HA2500+AK115)、ギターアンプ(ROLAND JC-120)、ギターアンプ(ROLAND CUBE80XL)、マイク(SHURE SM57×2 SM58×2)、PA(Classic Pro PA802FX)、スピーカー(Classic Pro CSP10×2)
サウス:
ピアノ(YAMAHA W102)、ドラムセット(SONOR Essential Forth)、ベースアンプ(Roland CUBE30BASS)、ギターアンプ(Roland JC-120)、ギターアンプ(Blackstar HT Studio 20 Combo)、マイク(SHURE SM57×2 SM58×2)PA(Classic Pro PA802FX)、スピーカー(Classic Pro CSP10×2)
イースト:
電子ピアノ(YAMAHA DUP-208)、ドラムセット(Ludwig)、ベースアンプ(Hartke HA2500+AK115)、ギターアンプ(ROLAND JC-120)、ギターアンプ(ROLAND CUBE-80)、マイク(SHURE SM57×2 SM58×2)、PA(Classic Pro PA802FX)、スピーカー(Classic Pro CSP12×2)

食事
里見和豚BBQセット:1,852円/人から、出張料理人の房州エビ海鮮丼:2,778円/から
出張シェフの南房総イタリアン:3,704円/から ※全て税抜き金額です

ペットは徒歩5分ほどのところにあるペットホテルに預けることができます。(犬は小型犬のみ)

注意事項

・パジャマ、浴衣などの寝間着はありませんので、お持ちください。
・素泊まりの宿です。食事の提供はありません。(オプションで提供可能)
・各棟の定員:メイン(4~16名)、サウス(2~9名)、イースト(8~17名、※スタジオ利用の場合6名から)
・スタジオはチェックイン前、チェックアウト後も利用可能(1,852円/h 税抜き)
・撮影用ハウススタジオレンタル9,260円から(税抜き)

アクセス

車の場合
富津館山道路「富浦」I.C.より約36.5km(車約30分)

電車の場合
JR内房線線「館山」駅よりジェイアールバス関東「安房白浜」行き31分 「長尾橋」バス停下車 徒歩1分
※館山駅から送迎あり
ジェイアールバス関東 時刻表

東京駅から館山駅まではJRバス関東高速バスで1時間40分~2時間程度です。
デジタル時刻表 | ジェイアールバス関東

予約

ル・ファーレ白浜のホームページからご予約ください。
ル・ファーレ白浜|貸別荘 リゾートスタジオ

野島埼灯台から

野島埼灯台から

ル・ファーレという名前は、灯台という意味だそうで、近くにある「野島埼灯台」にちなんでいるそうです。ということで、灯台の上から大海原に向かって一枚。

野島埼灯台

この灯台は洋式のものとしては日本で二番目につくられたそうで、F・L・ヴェルニーというフランス人技師たちが設計をしたそうです。下には資料館もありました。

野島埼灯台からル・ファーレ方面

灯台から見た、ル・ファーレ白浜方面。青い海と大きな空に、いやでも気持ちが盛り上がっちゃいます。

めがね橋

めがね橋

ル・ファーレ白浜の目と鼻の先に、こんな雰囲気のある橋があります。バス停の名前にもなっているこの長尾橋(眺尾橋)は、通称「めがね橋」。1888年に架けられたという石積みの洋式三重橋は、県の指定有形文化財にして、土木学会選奨土木遺産にも認定されているそうです。
めがね橋
めがね橋
そして何よりも、のどかなこの風景がいいのです。この川はル・ファーレ白浜のすぐ脇を流れています。

ビーチスタイルストア 波音日和

ビーチスタイルストア 波音日和

ビーチスタイルストア 波音日和
ビーチスタイルストア 波音日和

ビーチスタイルストア 波音日和

海辺のギャラリー兼ショップ&カフェ。1階はアーティストのグッズなどの販売と、カフェとしての営業。2階はギャラリーになっています。移住組というオーナーさんの人柄もあってか、のんびりした空気が流れていてとても心地良いスペースでした。
ビーチスタイルストア|波音日和

2015年11月6日

東京駅

早朝。東京駅八重洲口には観光に出かける人とビジネスマンが入り混じる光景が。ここから高速バスに乗って、館山駅を目指します。

木更津あたり

館山駅
館山駅
バスに乗ってしばらくうとうとしていると、窓の外はもうこんな風景になっていました。ほど
なく館山駅に到着。駅からはすでに海も見えています。

野島埼灯台

まずは、ル・ファーレ白浜の名前の由来でもある、最南端の野島埼灯台へ。

野島埼灯台

野島埼灯台
野島埼灯台
白くてモダンなたたずまいの野島埼灯台。めずらしく中に入って上ることができます。料金200円也。

野島埼灯台

灯台の上からの眺めは、爽快のひとこと。

野島埼灯台

漁港になっている一帯には、店も多数。休日や行楽シーズンには賑わうのでしょう。冬のこんな風景も素敵です。

シラハマアパートメント

近くの「シラハマアパートメント」にも案内してもらいました。ここは1階がカフェとガラスの体験工房、上の階はシェアハウスとゲストハウスになっているそうです。

シラハマアパートメント

海辺ならではのゆるい空気が素敵でした。
千葉県最南端のカフェ・ホテル「シラハマアパートメント」

free style furniture DEW

free style furniture DEW
free style furniture DEW
ル・ファーレ白浜からは少し遠いですが、「DEW」という古材で作った家具のアトリエ兼ショップにも連れて行ってもらいました。DIYでつくったという建物は雰囲気があって居心地も良く、家具も素敵でした。ご主人が家具、奥さんがアクセサリーを作っていて、他の作家の作品も販売しています。とてもお薦めの場所ですが、細い細い細い道を分け入った山の上にあるので、事前に電話などしてから行った方が良さそうです。
free style furniture DEW

館山方面の眺め

DEWに向かう途中の峠から。館山駅方面の海も見えます。海と山の魅力が詰まった、房総の豊かさを楽しめる旅でした。

準備中です。