Araiya

1_ロケーション, 独り占め, 関東
独り占め

東京
かつての江戸の入り口、品川・泉岳寺。
ビルなどの開発が進むこの場所に、そっと残されていた、築50年ほどの小さな一戸建てが、一棟貸し切りの宿になりました。
1階の大きな引き戸は、かつてここが米屋の店舗だった頃の名残。
巨大ターミナル品川から1駅。高級住宅街を西に控える泉岳寺は、小さな駅ですが、羽田も成田も一本で行かれる便利な立地。
東京旅行の拠点として便利なのはもちろん、気の合う仲間と集まって、時間を忘れて楽しむ、なんて使い方も魅力的です。
交通: 京浜急行線「泉岳寺」駅 徒歩1分
住所: 東京都港区高輪2-17-1(MAP)
宿泊料: 1~3名:30,000円、4名:40,000円、5名:50,000円 (税抜き)
宿泊可能人数: 5名
  • 基本情報・ご予約
  • 周辺ガイド
  • 訪問ログ
  • 広域ガイド
この場所に、こんな一戸建てが残っていたのかと、きっと驚いてしまうに違いない。そんな宿が、品川の泉岳寺にあるこの宿、「Araiya」です。

地下鉄の「泉岳寺」駅から出てすぐ。振り向けば、視界の奥に小さくたたずむ一軒家。
この近さも、東京旅行の拠点としてうれしいポイント。荷物の多い長期滞在でも安心です。

駅の真上を走るのは、第一京浜というかなり交通量のある幹線道路。
そこから細い路地を入った先に、この建物があります。少し入るだけでも、通り沿いとは打って変わって住宅街らしい雰囲気。寺町だということも、この落ち着いた感じの理由かもしれません。

かつては海岸線だったこの場所から、高輪・白金台方面へ、地形が一気にせり上がり、その上には高級住宅街が広がります。江戸時代から名前の残る坂も数多くあるこのエリア。高松宮邸などの緑も豊かで、都心とは思えない閑静な雰囲気です。

築50年というこの建物は、かつて米屋を営んでいたのだとか。1階の大きな引き戸や、広い土間は、その頃の名残。普通なら取り壊されていてもおかしくない築年数ですが、建物オーナーの固い意志で、今も大事に使われています。

年季の入った建物ながら、内装にも外装にも手が入れられていて、特に室内はモダンな雰囲気。和の要素を残しながら、フローリングやソファなどともよく合う内装にリノベーションされています。

主に寝室として使われる2階は、窓辺が小上がりのような、ベッドのような面白い空間になっています。都会の空気を感じながら、レトロな戸建ての窓辺で眠りに落ちる。日常では味わえない体験ができそうです。上下階で男女を分けたりすることも可能なので、グループでの利用にもピッタリ。

また、2階の大きなソファや、1階の茶の間的な和室で、気の合う仲間と夜更けまで楽しむのも良さそう。旅の方だけでなく、東京や近郊に住んでいる方も、楽しく使うことができそうです。

それ以外にも、プロジェクタやホワイトボードを借りて、会議や合宿などで盛り上がれるプランもあって、アイデアしだいで生かし方は色々です。

宿を運営しているのは「宿場JAPAN」という、地元の品川エリアを愛する熱い思いで活動をする人たち。地元ならではの情報力も自慢です。そして、同じ品川でゲストハウスの運営もしているので、サポート体制もバッチリ。

品川の南側で、同じように一棟貸し切りの宿も運営しているので、こちらも合わせてご検討を!
Bamba Hotel

宿泊料金と概要

宿泊料金 1~3名:30,000円、4名:40,000円、5名:50,000円

※1泊朝食付きの金額です
※子どものご利用は別途相談
※全て税抜き金額です

住所 東京都港区高輪2-17-1
面積 約75平米
アクセス 京浜急行線「泉岳寺」駅 徒歩1分
山手線「品川」駅 徒歩17分
山手線「田町」駅 徒歩15分
南北線・都営三田線「白金高輪」駅 徒歩11分
チェックイン 15:00
チェックイン方法 現地にて受け付け
チェックアウト ~12:00
最大収容人数 5名(6名以上は相談)
支払方法 事前振込・チェックイン時に支払い(現金・クレジットカード)

設備・備品など

エアコン キッチン シャワー バスタブ
浴衣・パジャマ バスタオル フェイスタオル シャンプー、ボディソープ
ドライヤー 歯ブラシ カミソリ × 無線LAN
調理器具 食器、カトラリー 電気ポット・ケトル 冷蔵庫
電子レンジ コーヒーメーカー × 炊飯器 × 洗濯機
テレビ × オーディオ 布団 × ベッド

その他ご利用いただけるもの

アイロン、加湿器、変圧器、ウォシュレット

注意事項

・建物内は禁煙です。

アクセス

京浜急行線「泉岳寺」駅 A3出口 徒歩1分
山手線「品川」駅 徒歩17分
山手線「田町」駅 徒歩15分
南北線・都営三田線「白金高輪」駅 徒歩11分

予約

Araiyaのホームページからご予約ください。
Araiya あらい屋 東京都港区高輪の小さな古民家ホテル

泉岳寺の境内

駅名にもなっている泉岳寺。
「忠臣蔵」で知られる四十七士の墓があることで知られています。

泉岳寺

泉岳寺の参道
泉岳寺の参道 土産物
この泉岳寺も宿から近く、歩いて5、6分なので朝の散歩などに、ぜひ。
参道には数軒ですが、土産物屋などもあるので、のぞいてみると意外な掘り出し物に出会えるかもしれません。

高松宮邸

こちら高松宮邸。緑がモサモサです。

伊皿子坂

宿のすぐそばにある伊皿子坂。石垣は江戸時代のものでしょうか?

魚藍坂

伊皿子坂を上りきると、今度は魚藍坂を下ります。

魚藍寺

魚藍坂の名前の由来になったのでしょうか? 魚藍寺というお寺もありました。

英国風カレー SUNLINE

魚藍坂の途中にあるカレー屋さん。有名らしいです。
なぜ水を出さないのでしょう? 字を読んだだけで、水が飲みたくなります。

豆大福の松島屋

宿からすぐのところにある和菓子屋さん「松島屋」。
ここの豆大福、大好物です。売り切れることも多いので、お早めに。

高輪の八百屋

近くにはこんな昔ながらの商店も残ってたりして、高級住宅街だけど、和める雰囲気です。

高輪の路地

高輪の路地
高輪の路地
下町っぽい雰囲気も残っていて、こんな懐かしい路地もあります。
散歩がてら、迷い込んでみるのも楽しいです。

2016年7月11日

泉岳寺駅のA3出口からaraiya

泉岳寺駅のA3出口。奥に小さく見える白い戸建てが、「araiya」です。

泉岳寺 araiya

ポツリと取り残されている感じ。こんなところに泊まれるなんて、貴重な体験になりそうです。

泉岳寺駅方面

駅の方を見る。通りがT字にぶつかる所が駅です。

グループのお客さん

ちょうど男女グループのお客さんが帰るところ。駅までスタッフの方が見送りをします。

高輪の商店街

高輪の高級住宅街にある商店街のような通り。宿からは坂を上ってすぐです。

伊皿子坂のピーコック

そのそばには、大型スーパーのピーコックがあります。食材の買出しなどに重宝しそうです。

白金高輪

少し歩いて伊皿子坂を上り、魚藍坂を下ると白金高輪の駅に出ます。

伊皿子坂のピーコック

白金高輪駅の周辺には、有名なパン屋などもあります。

道往寺

こちらは宿のすぐ奥にある道往寺というお寺。というかもう完全に現代建築です。
中に入れるようだったので、少しお邪魔してみました。

泉岳寺

泉岳寺にもぶらり、寄ってみました。

高輪の児童公園

のどかな住宅街。ちょっとした散歩を楽しむにもいい街です。

アダン
アダン
そういえば、泉岳寺のそばに移転した「アダン」。おいしいのでお薦めです。
夜はこちらでもいいかもしれません。

準備中です。